Society

 

社会 society 社会

タバコに関する問題を解決するために、

タバコをとりまく社会の現状を、

法律・オリンピック・経済 の3点からまとめました。

 

Contents Contents

法律

LAW

法律

LAW

 

ここでは、タバコに関する法律のなかでも受動喫煙に関するものについて紹介します。

 

2018年、多くの人が使う施設での喫煙を規制する改正健康増進法が可決・成立されました。

すべての人に罰則付きで禁煙場所での喫煙を禁じ、これまで努力義務だった同法の受動喫煙防止を義務化します。

この法律は、東京オリンピック前の2020年4月に全面施行される予定です。

 

 

受動喫煙をなくすことが目的の改正健康促進法は努力義務から義務となりました。

住宅や旅館、ホテルの客室を除くすべての施設や公共交通機関が対象です。学校や病院は敷地全体を禁煙とし、

受動喫煙が起きない屋外の決められた場所でしか喫煙できなくなります。

その他の施設では、屋内に喫煙専用室を設けることができますが、国が定める基準を満たす必要があります。

 

 

この法律の対象には加熱式タバコも含まれます。

このような規制は準備期間を考え、敷地内禁煙の学校や病院、行政機関は2019年夏ごろに、

屋内禁煙の飲食店などは2020年4月からと段階的に始まります。

また、禁煙エリアに灰皿などを設置した施設管理者に50万円以下、禁煙エリアで喫煙した人に

30万円以下の罰則もあり、指導や勧告・命令に従わない場合に適用されます。

喫煙者の中には制限が厳しすぎると考える人もいて、皆が満足する形ではないとも考えられます。

経済

経済

ECONOMICS ECONOMICS

 

 

 

 

次に、タバコがもたらす経済的な効果についてまとめました。

 

 

まず、タバコには多くの税金がかけられています。小売価格の約6割以上が税金です。

喫煙による利益を、タバコ税からのものとすれば、約2兆5000億円にのぼります。

 

 

オリンピックに向けて喫煙防止対策を話し合うなか、タバコを肯定する議員が守ろうとしているのは、安定的な財源です。タバコ対策が強化され、タバコの売り上げが減っていけば、この財源が脅かされてしまいます。

しかし、喫煙対策を進める側の人たちは、喫煙は社会や非喫煙者に経済的な損失を与えると主張しています。

 

 

医療費において、喫煙関連疾患が原因の「超過医療費」については、これまでにも研究が行われてきました。

5兆円以上の医療費がかかっているという結果や、肺がんの53%、

心血管疾患の13%がが喫煙による医療費であるという結果もあります。

 

 

また、2005年のデータをまとめたものでは、喫煙関連疾患による「超過医療費」は、

1年間で約1兆7680億円という結果もあります。

 

 

この研究では、火災の消防労働や清掃費の約1918億円、労働力損失による約2兆円などを加算すると

喫煙による全体の経済損失は、合計で約4兆円となるとしています。

オリンピック

OLYMPIC

オリンピック

OLYMPIC

世界保健機関(WHO)は2017年、世界的なタバコの流行と、それを防止するための

日本を含むWHO加盟国の取り組みの進捗状況に関する報告書を公表しました。

 

 

日本はタバコの規制に関するWHO枠組条約(FCTC)の締約国ですが、

日本のタバコ対策はFCTCの基準にはるかに達していません。日本は禁煙政策は世界最低ランクと言われています。

 

また、世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会(IOC)が進める

「たばこのないオリンピック」を実現するために法律が整備されています。

最近のオリンピック開催都市は、罰則付きの受動喫煙防止対策を行っています。

イギリス出身のネイティブによると、2012年のロンドンオリンピックでは実際に、

タバコに関する問題はほとんど無かったそうです。

Copyright(C)2018 タバコと社会と私たち All Rights Reserved.

このサイトは第21回全国中学高校Webコンテストに参加しています。