summary

まとめ

Summary

まとめ

Summary

このWebページ制作を通して、私たちはタバコの喫煙者・非喫煙者が共生できる社会について考えました。

 

 

探究活動を行うなかで、タバコの健康被害はとても大きいことを改めて実感しました。

また、経済の点から考えると、タバコによる税収より、タバコによる健康被害の社会福祉にかかる

お金の方が上回ることには衝撃を受けました。

このことから、タバコを無くすことは健康的にも経済的にも良いように思われます。

しかし、タバコを吸うことで満足できる人がいることも事実です。

よって、タバコを無くすことだけがタバコにおける共生の問題を解決できる方法であるとは考えることができません。

 

 

タバコにおける最も大きな問題は受動喫煙です。受動喫煙による健康被害は、見過ごすことができません。

現在、受動喫煙の対策として分煙が進められています。

しかし、今のタバコに関する政策による対策では、受動喫煙の被害は無くならないと分かりました。

そこで、出勤時間を調整することはその対策に有効だと考えます。

 

 

そして、世界的にはタバコによる被害を少なくするための規制・政策が十分に進められています。

東京オリンピックを控える日本にでも、喫煙者・非喫煙者の両方がタバコについてもっと真剣に考えるべきです。

 

 

このサイトが、皆さんがタバコに対する興味を持つきっかけになっていれば幸いです。

Copyright(C)2018 タバコと社会と私たち All Rights Reserved.

このサイトは第21回全国中学高校Webコンテストに参加しています。